話題のマタニティフォト

お宮参りや七五三マタニティフォトを祝って写真に残すことは、昔ながらの風習です。
近年では、子供がお腹の中にいる状態を写真に残す「マタニティフォト」が広がりを見せています。
お腹の大きくなった妊婦さんが、記念に写真を残すというものです。

私も間もなく出産予定日という時に、主人に撮ってもらった記憶がありますが、それは個人撮影です。
最近は、写真館でマタニティフォトを撮影してくれます。
写真屋さんでレンタルできるマタニティドレスを着て撮影するのはもちろんですが、妊婦さんのほとんどがお腹を出して撮ることを希望するそうです。

ポッコリお腹が一生写真として残るなんて、ちょっと恥ずかしい気もしますが、でもそれは確かに赤ちゃんがお腹の中にいた証拠となります。
ママのお腹の中で十月十日過ごしたことを子供に伝えられます。
そう考えると、わざわざ写真屋さんで撮る意味があるのかもしれませんね。
赤ちゃんに会えるのを楽しみに過ごすマタニティ期間も、子育ての大事な思い出ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください