阪神タイガース雨天中止重なって終盤に過密日程!過酷な20連戦の可能性もある

阪神タイガース度重なる大雨の影響で試合の雨天中止が重なり、交流戦を含めて7月6日現在で今季11回目の雨天中止が決まりました。
交流戦の分を除くと今のところ、未消化分は7試合です。もちろん未消化分の7試合は9月の終わりに組み込まれます。もし、仮に9月下旬の
予備日が全て埋まるという日程になれば11日の中日戦から20連戦の可能性もあります。いずれにしても雨天中止がこれほどまでに続くと、9月下旬の終盤に
の過密日程は決して避けることができません。しかしペナントレースの半分を消化した時点で7試合も雨天中止になっています。これからも何試合かは雨天中止になる
可能性は十分あります。そうなると20連戦どころの話ではなくなるかもしれません。基本的には10月の中旬あたりから始まるクライマックスシリーズまでには
全日程を終了させる必要があります。このことを考えると最悪、20連戦に加えてダブルヘッダーの可能性も出てきます。ベテラン選手の離脱や疲労もあって
中止は歓迎だという考え方もありますが、中止になった試合はいずれ消化しなければなりません。まして終盤の疲れがピークに達した時期に連戦が続くと
さすがに疲労困憊になります。特に先発ローテやリリーフ投手のやりくりに苦労しそうです。それに9月は台風や雨が多くて、予備日でも順調に試合が
消化できるとは限りません。どうなるかはわからないが、これから先も雨天中止が重なると、投手起用を含めてかなりきつくなるのは言うまでもありません。
本当にどうしようもなくなると臨時で京セラドームを借りることも考える必要があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください